ぶたやま亭で食べましょう

生きることは食べること。食べることが生きること。

「 ムッキャアアアアアに始まりアインシュタインに至る冒険」 #サイエンス・ソーシャルカフェ「あたしのために」 9/7 早野先生お話会 

f:id:Butayama3:20130907141234j:plain

とんでもなくすごい方をお呼びしてしまいました・・・。

東京大学大学院教授 早野龍五先生。twitterでおなじみの、あの 先生ですよ。

呼んじゃった・・・。

来てくださった・・・。

 

マジ?(゚Д゚;) 

 

ご本業である物理に関する中学生・高校生向けの内容です。

今回のお題は「五七五に始まりアインシュタインに至る冒険」。

メインの参加者であるこどもたち以上に、一緒に参加する親御さんたちの方が「物理?難しくない?わかるかな?」と心配されていました。

 

だって物理って難しいじゃない?

化学や生物は結構身近にあるけど、物理って正体がよくわからない。

でも、実際には、時間がわかるのも、今いる場所がわかるのもみんな科学(主に物理学)のおかげ。

そういうのがわかるのって面白い。

 

そんなお話でした。(多分)

 

さてさて、午後からの講演だったので、その日まずはスタッフの皆さんと先生とでお昼ご飯。

私のカフェには食べ物がつきものです。

美食家の先生のお口に合うかどうか、すごく心配でしたが、オラ、やれることはやっただ・・・。

まずはぶたやま家名物、ローストビーフ。いつもよりちょっと良いお肉で。

f:id:Butayama3:20130907114806j:plain

  先生はお魚がお好きだろうなと思って、お魚料理を色々考えたのですけど、冷めても美味しいものがあまり思い浮かばず・・・。

結局、鰯のチーズ・紫蘇はさみフライ。

f:id:Butayama3:20130907114254j:plain

あと、こうめさん( )ところのもち米でお赤飯。

慶事なので。

これはもち米がいいから失敗しようがない。もちもち。

f:id:Butayama3:20130907114204j:plain

  定番、キュウリのピクルス。

f:id:Butayama3:20130907114436j:plain

  スタッフとしてきてくれたなおきち( )に食べてもらいたかった玉子焼き。お出汁とお砂糖たっぷり。

 f:id:Butayama3:20130907114227j:plain

 あとは、唐揚げに茄子とピーマンの出し醤油漬けとか、あとはセロリ。

セロリは外せない。

f:id:Butayama3:20130907114752j:plain

 食後の珈琲を入れるために関西からお呼びしたのは頓服パラ子さん( )。お手製のマカロンととも香り高い珈琲をいただきました。

その香りのよろしいことよろしいこと・・・!今も思い出します。

 f:id:Butayama3:20130907122200j:plain

おなかがいっぱいになったら準備準備。スタッフの皆さんには、椅子を並べて頂いたり、道案内に立っていただいたり。要の受付にはうさぎ林檎師匠( に陣取っていただいた。

f:id:Butayama3:20130907130730j:plain

14:00開演。

f:id:Butayama3:20130907140915j:plain

早野先生のスライドの美しいことと言ったら!

公園の内容に関しては、スタッフとして参加してくれたゆうくぼさん( )が ブログで書いてくださっています。

cloud9science http://d.hatena.ne.jp/yu-kubo/20130909

難しいところもあったけど、スライドの美しさとか、先生の声の調子とか、その他色々、先生含め皆さんが楽しんでいる空気がそこには確実にあって、どの方もそれぞれに充実した時間を過ごされたように感じました。

本題が終わって、質問コーナー。

お子様サイドから、すっごく高度な質問が飛び出した!

DUXさんからの質問で内容は

「「中性子(neutron)が陽子(proton)にβ崩壊する過程の中W-(Wマイナスboson)が一時的に生成されるが、W-は中性子の約100倍の質量を持ちますので、E=mc^2を用いて、エネルギーの保存則的におかしいのではないか」

というもの。

(わからん・・・。(゚∀゚;))

これに回答する早野先生の楽しそうな表情をご覧ください。

f:id:Butayama3:20130907155636j:plain

即席のホワイトボードを使って説明する早野先生。

完全に二人の世界・・・。でもそれがいい!それでいいのだ!

この時の早野先生とDUXさんのやりとりを見れただけでも、今回の会を開催したかいがあったというものです。

f:id:Butayama3:20130907155118j:plain

たっぷり2時間お話いただいて、終了。

最後に、早野先生がこの2年半どんな活動をされてきたかについて、私から少しだけご紹介させていただきました。

足しげく福島県に通われていること、WBCのプロジェクトや、給食のまるごと検査についてご尽力されていること・・・。

回収したアンケートにこんな意見がありました。

「先生も福島などでがんばってください。お金をもらわずに協力していてすごいと思いました。(中一男子)」

「難しい話でしたが、大変なご活動をされていることを知りました。お忙しいところ越しいただきありがとうございました。世に生きる研究をこれからもよろしくお願いします。(小五男子のお父様)」

・・・うれしいじゃあねえかい!(´;ω;`)

私、先生のこと、みんなに知ってほしかったんだ。ね、早野先生って素敵でしょう?

 

終了後、おやつ担当なおきち( )のおやつと、再び頓服さんの珈琲や自家製ジンジャーエールでちょっとお茶。

いつでもどこでもカメラを構える早野先生。タフである。

ちっともおとなしくしていられないお人であることがわかってしまった。

f:id:Butayama3:20130907165120j:plain

 今回、もう一つ素敵だったのは、早野先生とリーフレインさん(が出会ったこと・・・。リーフさんもお手伝いに来てくださいました。

放射線のことをずっと勉強し続けているリーフさん、早野先生にたくさん質問をなさっていました。その様子がこちら。

早野先生にインタビュー(2013年9月7日)」http://togetter.com/li/562747

 

カメラマンやプロジェクタの操作等、毎回私をお世話してくれる、てつるさん( 、エビさん( )にもありがとうを申します。

このブログの写真もお二人に提供して頂きました。

もう写真どころではなかったし・・・。二人とも上手だから・・・。いいよね・・・。

 

最後に記念写真をとって、ハグハグ。

ムッキャアアアアア!!!! 

先生、ありがとうございました!大好きです!

f:id:Butayama3:20130907165242j:plain

 ところで、なんでムッキャアアアアアなのかって?

ハテ・・・・なんでだろう・・・。(゚Д゚;)


「ムッキャアアアアア」についてはこちら→9/7の「ムッキャアアアアア」」http://togetter.com/li/560909

・・・・読んでもわからないよ・・・。

 

今回のお話会に関するまとめはこちら→9/7 早野先生お話会 「五七五に始まりアインシュタインに至る冒険」 #サイエンス・ソーシャルカフェ「あたしのために」」http://togetter.com/li/560962