読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたやま亭で食べましょう

生きることは食べること。食べることが生きること。

買ってみた・作ってみた・食べてみた 前編 ~ふくしま希望市場さん 希望詰め合わせセット~

福島には美味しいものが多いらしい。

こちらのまとめ「福島の野菜amazonで売ってたので買ってみた。料理(※下手です)して食べてみた。」http://togetter.com/li/479498に触発されまして、私もやってみました。

購入先はこちら。ふくしま希望市場さん http://www.kibou-ichiba.jp/fs/kibouichiba/c/home

(教えてくださったのはうさぎ林檎さん 。ありがとうございました!)

購入したのは、「希望詰め合わせセット」。

HPより

「野菜の他にヨーグルトやキャンディーをセットにした詰め合わせパック。福島の
多彩な味覚がひとつになって、ご堪能いただけます。」http://www.kibou-ichiba.jp/fs/kibouichiba/c/gr27

f:id:Butayama3:20130416194314j:plain

やってきました。かわいいダンボールに入って。わくわく。

まずは、ミニキュウリをそのままいただきました。

f:id:Butayama3:20130415070702j:plain

見て。つやつやのぴかぴか。

がりりと噛むと、しっかりとしたきゅうりのえぐみをを感じます。こういう野菜は好みです。これはピクルスにしたいと思った。丸のまま、どぼんと。

f:id:Butayama3:20130416184504j:plain

にらと春菊。にらは2束入っていました。

にらはね、卵でとじてにら玉と思ったんだけど、納豆が冷蔵庫のなかにありましてね。

f:id:Butayama3:20130416192834j:plain

にらと納豆の卵とじとなりました。にらと納豆は抜群に合うし、それをまた卵がまたよくまとめて・・・。

じつはこの味付けに、福島県伊達市、安齋醸造の「熟ソース」をかけてみました。熟ソースも詰め合わせ

(熟ソースの写真どっかいっちゃって、下のはアマゾンから転載)

桑折宿 伊達の味  熟ソース

桑折宿 伊達の味  熟ソース

にら玉にソース?と思うでしょ?思うでしょ?これがねえ、実によかったんですね。

甘すぎず、辛すぎることのなく、お野菜や卵の味を引き立ててくれました。

もう一束のにらは、別の日にはスープになりました。

f:id:Butayama3:20130417200531j:plain

茹でておいた牛筋、大根、ネギ、ニンジンと一緒に。

韓国のコムタンスープのような、ほっこりと、いかにも元気がでそうなお味。これも大変おいしゅうございました。

春菊。

大好きです。春菊。これはもうシンプルに、さっとゆでて、おなじくさっとゆでたもやしと合えて、塩、ごま油、すり胡麻とあえました。

f:id:Butayama3:20130416190633j:plain

春菊ともやしのナムル。いい香り、いい香り!

小松菜も入っていました。

実は、この小松菜、少し冷蔵庫に入れっぱなしだったんですが、それでもかなり長いこと美しいままでいてくれましたよ。

f:id:Butayama3:20130420185031j:plain

一週間くらいおいても、ぴかぴか。

これは、刻んだ油揚げと一緒にさっと煮びたしです。地味だけどこういうのがいい、

f:id:Butayama3:20130420190542j:plain

ぐたぐた煮ない。さっと。あくまでも手早く。

しいたけもものすごかったですよ。

f:id:Butayama3:20130418172645j:plain

ぶりんぶりん。

これは、ほわさん に教えてもらって以来うちの定番である通称「ほわたんライス」にしてみました。いつもはしめじで作るところを、しいたけで作ります。

米をといで、普通に水を入れます。しいたけをスライスしまして、炊飯器に。

ツナ缶を一缶あけまして、こちらも炊飯器に。油ごとどばあと入れます。

上から、オイスターソース、お醤油、お酒少々。(私はお醤油代わりにしょっつるナンプラーを使うことが多いです。)

f:id:Butayama3:20130418181507j:plain

これを普通に炊きます。

f:id:Butayama3:20130418190248j:plain

「スペシャルほわたんライス」できあがり。

f:id:Butayama3:20130418190315j:plain

これは美味しかったね!しいたけのうまみたっぷりです。

あともう一つ、面白い野菜が入っていました。

ヤーコンって知ってます?

細長い、サツマイモみたいな野菜なんですけど。

生で食べると林檎みたいな甘さとしゃきしゃきした触感です。

このヤーコン、皮をむきまして、千切りにして水にさらしてからキンピラにしてみました。

f:id:Butayama3:20130425190852j:plain

味付けは、例の熟ソースで。

これは私がほとんどひとりで食べちゃた。

次の日のおなかの調子のよろしかったこと・・・。

おなかすいてきた・・・・。なんかたべてこよっと。

(続きます。)

蒸篭は楽し

「蒸す」という調理法があります。わたし、なんでも蒸すよ。

「蒸篭」という調理器具がありまして、中華料理屋さんでおなじみのアレですが、アレがうちにもあります。

圧力鍋より、火力の強いガスオーブンより、蒸篭がほしかったの。

f:id:Butayama3:20130111193727j:plain

これね。上では人参と玉ねぎ、下ではじゃがいもを蒸しています。

うちにあるのはかっぱ橋で買った業務用(多分)で、ちょっと大きめ(27cm)です。アルミの鍋と蒸篭を乗せる台とうけ(蒸篭が焦げないように)が付いています。

 

これでありとあらゆるものを蒸す。

 

野菜、ホウレンソウ以外は結構なんでもいいです。

f:id:Butayama3:20130425062505j:plain

 とうもろこし(皮付き)

f:id:Butayama3:20120627184209j:plain

 いんげん

 f:id:Butayama3:20120626073106j:plain

 えだまめ(あとで塩ふる)

f:id:Butayama3:20130425063049j:plain

かぼちゃ

蒸した方がゆでるより早いし、水っぽくならないので美味しい(ような気がする)。

 

肉や魚も蒸篭さえあればみんなご馳走になるのよ。

豚バラ肉とじゃがいもと蕪を小さ目に切って、酒、オイスターソース、醤油と合えて蒸す。

「豚バラとじゃがいもと蕪の蒸しもの」

f:id:Butayama3:20130129175718j:plain

 蒸前

f:id:Butayama3:20130129182308j:plain

蒸後

f:id:Butayama3:20121019192228j:plain

みんな大好き「あさりの酒蒸し」

f:id:Butayama3:20120624181740j:plain

塩しておいた鯛のお頭、下に椎茸やネギを敷いておいた上に載せて酒をふって蒸す。「鯛のかぶと蒸し」

豆腐だっていい。お豆腐に塩を振って蒸すだけ。

f:id:Butayama3:20130119193016j:plain

「豆腐の塩蒸し」これはこのまま食べる。味がぎゅっと濃縮されるので、美味しい豆腐で是非どうぞ。

f:id:Butayama3:20130226191259j:plain

茶わん蒸しも気軽に。茶碗じゃないけど。

蒸気がうまいこと抜けるので、スが入りにくいような気がします。

 

もちろん「あたため」機能としても優秀であります!

f:id:Butayama3:20130108185256j:plain

ただのしゅうまい

f:id:Butayama3:20130108073833j:plain

551の豚まん・あんまん

プリンも気楽に作れる。

f:id:Butayama3:20130310135224j:plain

これは「かぼちゃのぷりん」

 

蒸篭はお手入れ面倒かなと思われがちですが、基本水でさっとあらいよく乾かすだけです。

肝心なのは「しまいこまないこと」ことかなと思います。(カビ・虫防止)。通しのよいところに出しっぱなしにしておくこと。

さっと手に取って使えるようにしておくと、面倒がらずに使うようになります。っていうか便利だからフル回転なんですが。

電子レンジでもできることばかりなんですが、2段になっているので上と下で別の料理ができるから量がたくさんこなせます。家族が多いのでこれは大きいです。

あと、ただ単に、この蒸篭からふくふくと蒸気がたつのを見るのが好きなの。

さあ、今日は何を蒸そうか。

今更だけど、今だからこそ聞きたい話したい放射線の話 【延期のお知らせ】

主催者都合により、下記の日程でのカフェの開催ができなくなってしまいました。

現在受け付けを停止させていただいております。

開催日はまた日を改めてお知らせいたします。
お申込みいただいた方には、直接ご連絡いたします。

本当に申し訳ありません。

 

昨日も告知しましたが、サイエンス・ソーシャルカフェ「あたしのために」第2回目のお題は「今更だけど、今だからこそ聞きたい話したい放射線の話(超基礎編)」で行きます。

日時:5/18(土)13:3017:00

 会費:1,000

場所:横浜市内

参加をご希望される方は、twitter経由でお願い申し上げます。

twitterアカウント:@Butayama3)

詳細とお申込み画面をお知らせいたします。

 今回のうみんちゅさん( を講師(というか主にお話をしてくださる方)としてお招きしたのは、その博学さとお人柄もさることながら、実はウチのご近所さんだったからというのがとても大きいです(笑)。

・・・ええ、冷蔵庫の中にある材料でごはん作るのは確かに好きです。

というのは冗談で。

地域の中で、それぞれができることをできる範囲でやってみる。

いままでは、会社と家庭と学生時代からの友人と、みたいなネットワークだったものから少しずつ、自分をとりまく社会とコミットしていきたい、なんて思う年齢になってきたのかなあって思います。

私は自分では話せない、でも場は作れる。

うみんちゅさんは話ができる、でもその場所をさがしていた。

そんな二人がtwitterで出会って今回のカフェ開催とあいなりました。

ここ半年くらい、放射線の話をする会を「楽しいものに」するなんて、おこがましいような気もして、色々思うところもあったんですが、もやっとしたまま今に至る方がちらりほらりいるのを見るにつれ、届くか届かないかは別にしても、やり続ける価値のある取組かもしれないなと思うようになりました。

放射線の話、また、してみようと思います。

 

サイエンス・ソーシャルカフェ「あたしのために」 第2回開催について(まえふり)【延期いたします】

色々思う所があって迷ったんですけど、やはりこの話をやろうと思います。

「今更だけど、今だからこそ聞きたい放射線の話(超基礎編)」

放射線や放射性物質に関しては「なんとなく恐い」「よくわからない」という「漠然とした不安」が2年経過した今も残っているように感じます。
「わからない」部分ももちろんあるけれど、長年の研究により「わかっている」こともたくさんあるのです。
そして、たくさんのデータが得られたことによって新たに明らかになったことも。

放射線や放射性物質に関する科学的知識の超基礎の基礎を放射線業務従事者の資格を持つうみんちゅさん(ツイッターアカウント:@DEEPBLUE1219)を囲んでお話したいと思います。

放射能のこと、今更だけど、今だからこそ、話してみませんか?

   日時:5/18(土)13:3017:00

   会費:1,000

 

場所等の詳細や申込み方法に関しては、後日告知いたします。

 

もう首都圏では放射能の不安はほとんど聞かれなくなりました。

少なくとも、私の周りには不安はあったから。

みんなでずいぶん色々な情報に振り回されそうになって。

そういうの、なくなってよかったなあと思います。

でももし、なんかもやっとしたままだなとか、ときどき揺れるんだ、という方がいれば、ぜひ聞きに来て、話に来てくださればいいなと思います。

 

また、小さな疑問について話す場所にもなればいいなともいます。

ご近所さんから福島産の野菜もらったんだけど大丈夫かな?とか、国産のお魚食べても大丈夫かな?とか。あの人の話は本当はどうなの?とか。

ちょっと普段の会話ではしにくいなと思うこと。

なんとなく本を読んだり新聞を読んだりしただけで、そういえばちゃんと話として聞いた機会がなかったなあと思う方も是非どうぞ。

 

勉強しなくても生きていける、勉強なんかしなくても生きていく社会が理想的だなと思います。

でも、知ることって力になるから。

私は、知ってよかったなと思うから。

 

楽しい会にしたいと思います。

肉は塊

 ひき肉をあまり買わないのは、塊肉が好きだから。

あの存在感が大好きです。

よく作るのは、牛のももで作るローストビーフ。

これは冷凍もできるし、作っておいて冷蔵庫に入れておくと、急なお客様にも対応できる便利ものです。

f:id:Butayama3:20121026193539j:plain

この玉ねぎがまたすごくおいしいの。

作り方はこちら。

「ぶたやま式ローストビーフの作り方」http://togetter.com/li/270956

 

豚肉なら、塩や塩麹に漬けておいた豚ばら肉を水から茹でてスライスして食べる塩豚。

 こんなに簡単でうまいものがあっていいのだろうか。

f:id:Butayama3:20130330022659j:plain

 ゴーヤを塩でもんでさっとゆでたのと、オイルに漬けておいた赤玉ねぎを添えました。

 豚肩ロースをウーロン茶や紅茶で茹でて、醤油・酒・味醂・にんにくのたれに漬けておくいわゆる「紅茶豚」もよくやります。

f:id:Butayama3:20130318191003j:plain

一緒に茹で卵もつけとくと 2度おいしい。

 

鶏も。

少し小さ目の丸鶏が売られていたら、買っちゃう。

 塩をまぶしておいた一日二日冷蔵庫で寝かせる。それをただ茹でるだけ。

 f:id:Butayama3:20130320181011j:plain

これをほぐして、マスタードやポン酢で食べたり、とれたスープに戻してカレースープにしたりする。

f:id:Butayama3:20130303192736j:plain

塩とごま油で食べてもいいんだぜ・・・。

 

大きなお肉は扱いにくそう、一人暮らしに塊肉はちょっと・・・と思うかもしれないけど、上にあげたお料理に関しては、どれも失敗は少ない上(保証します)、味がシンプルなのでどれもアレンジがきくものです。

塩豚や紅茶豚は炒め物やチャーハンにしてもいいし、ローストビーフや丸鶏の茹でたのはサラダに混ぜるのも美味しいです。

 

冷蔵庫開けたらそこに塊肉。

それだけでちょっとごはんに向かう気持ちが軽くなる、そんな毎日です。

ケーキケーキケーキ!

おかしを作り始めたのは2年くらい前からなんですが、製菓って楽しいですねえ。

計量が面倒だなと思ったけど、今はデジタルのいいのがあるし、昔ほど苦にはならないのね。

「昔」のというのは、小学校高学年の時にブームが来た時があって、バターケーキやクレープを良く作っていたのね。シュークリームに挑戦したりね。

・・・そうやって一人で遊ぶことが多かったです。友達少なかった(笑)。

そういうときに覚えたノウハウとかって今でも覚えているから、若いころってなんでもやっておくべきなんだなあと思う。友達は少なかったけど(笑)。

道具もそろえていないし、時間はそんなにかけられないから(ごはんの方が優先)、ただの娯楽で、作るものは限られているのですが。何度も繰り返し作るうちに、身についたレシピがいくつかあります。

 

スポンジケーキやデコレーションケーキは、年に数回のお楽しみ。

今日は何日か遅れの末っ子のお誕生日会のために焼きました。

f:id:Butayama3:20130316063608j:plain

スポンジ、上々の出来。

f:id:Butayama3:20130316195359j:plain

この飾り付け、簡単で華やかで好きです。

山本麗子さん「101の幸福なお菓子」を参考にしています。

101の幸福なお菓子 (講談社のお料理BOOK)

101の幸福なお菓子 (講談社のお料理BOOK)

あと、プリン作った。ケーキだけじゃ、大人に回らないのです。

f:id:Butayama3:20130316194532j:plain

 これも麗子さんのレシピを参考に、生クリームが一つ余っていたので、牛乳を半分生クリームにして作りました。

柔らかいから、ひっくり返すとき割れてしまった。

生クリーム使うと滑らかだしスが入りにくい気がするんだ。

作り方は麗子さんのよりずっと簡単にアレンジしてます。カラメルソースさえ作り慣れればいいです。

カラメルソース:砂糖100g、水大さじ2、熱湯大さじ1

砂糖と水を火にかけて煮詰める。茶色くなったら、最後に熱湯。

熱いうちに容器に移して、冷まして固める。

プリン:玉子4つ、砂糖80g、生クリーム200cc、牛乳330cc

これをミキサーでガーっとやる。ガーっとやったものを、カラメルソースの上に流して、蒸し器で20~30分くらい。

カラメルはちょっと焦がし気味くらいが大人には好評です。

 

製菓の本と言えば、1月に国立科学博物館の「チョコレート展」に行ったとき買ったこれ、すごく面白いの。なんでスポンジが膨らむのかとか、砂糖の役割とか。

科学でわかるお菓子の「なぜ?」―基本の生地と材料のQ&A231

科学でわかるお菓子の「なぜ?」―基本の生地と材料のQ&A231

料理もそうだけど、製菓って科学そのものだなって。

 

 

 

 

 

どらちゃん、おおいに話す。 ~ サイエンス・ソーシャルカフェ「あたしのために」 ~

平成25年3月10日 

黄色い砂嵐!
そんな悪天候の日に、サイエンス・ソーシャルカフェ「わたしのために」の第一回目はスタートしました。


本日のゲストは、管理栄養士どらねこさん。(twitterアカウント:doramao)

「食の安全のウソとホント ①食と健康」 どらちゃんとはなそう!

参加者は、tiwtter経由の方と私の地元のお友達総勢13名。私の子供の通う保育士さんを含みます。
地元お友達の方が少し多いかなといった感じ。。

少人数だからこそできることをやりたいな。
参加している皆さんそれぞれがお互いにどんな人なのかな、どんなことを考えているのかなと思いめぐらせながら、どらちゃんのお話を聴けたらいいなあ。
今回は、プロジェクタもスライドもない。
初回にしては、無謀だったかなあ。
頼りは、どらちゃんの知識と話術のみ。
さて、どうしようか。

どらちゃんからのアドバイスもあり、事前にいくつか質問をとってみました。
そして、カフェ開始前にも再度質問を。
それらに対して、どらちゃんが答えていくという、ライブ形式でやってみようということになりました。
幅広い専門知識と、高度な話術が必要とされるような気がするけど・・・。

なんとかなるでしょう、ねえ、どらちゃん。

質問は以下のような感じでした。
これに全部答えたんだよ!どらちゃん、ほんとすごいね!


「「味の素」や「化学調味料」を使っていないことが良いことのようにいわれたり、それらが悪役のように扱われたりしますが、体に何か悪い影響があるんでしょうか?」

「白砂糖は体を冷やす、というのは本当なんでしょうか?」

「マーガリンって、本当に悪いものなの?」

「マーガリン同様上白糖が嫌われるのはなぜですか?」

「食品酵素って?たんぱく質だから食べたら消化されて変質すると思うのですが、健康に関係するんですか?」

「糖質制限ダイエット、長期間やると危険というニュースも出てきたけどどうなの?そもそも糖質減らすとなんで痩せるの?」

「紅麹とコレストロール食品、サプリ、薬の違いがわかりません。」

「トクホってぶっちゃけどうなの?」

「どうしてセルロースの入っていないチーズを求める人がいるの?」

「アレルギー以外の人が食べる「バターや卵を使わないお菓子」のメリットは?」

「食物アレルギーと食品添加物って関係ありますか?」

乳酸菌のアレルギーへの効果って、どうでしょう?カルピスがサプリを売り出してますよね。ヤクルトも400なら効くなんて話も聞くんです。」

「牛乳・卵でアトピーの出る人というのは、大きくなったら治るのでしょうか。」

「人類が知らない微量栄養素ってまだまだあるよね?」

「お魚って本当に大丈夫なんですか?(放射能の話)」


スライドも資料もないなか、どらちゃんがどういう風に答えていったのか。

私のとったメモに、どらちゃんが加筆修正をしてくれました。
その内容が、どらちゃんのブログに掲載されています。
ざっくりとしたメモではありますが、その場の雰囲気をそのまま味わっていただけるのではないかと思います。

とらねこ日誌「ぶたやま亭で食べました」http://d.hatena.ne.jp/doramao/20130315/1363322615

私の個人的な感想です。

皆さんとお話していて感じたのは、自分がわからなくて困っているということ以上に、自分の身近なところで不思議な、おかしなものを信じている方がいて、そういう考え方っておかしいんじゃないかな?と感じた時にどうしたらいいかわからなくて困っているという例がかなりあるのだなということです。

このもやもやをどうすればいいのか。

あの人の言うこと、なんか変だなあ、納得いかないなあと思っても、まあ楽しそうだしいいか!となる場合もあれば、あれあれ、顔色も悪いし痩せてきちゃって、本当に大丈夫なのかな?と思うこともありますね。
これってとってもいいのよ!と善意からサプリや栄養ドリンクなどを勧められることもあるかもしれませんね。

そういう時にどうしたらいいのか。

まずは知ることにより自分の身を守る。そして知識があれば、そういうときに少し余裕のある対応ができるかもしれない。

???の時に、真顔で「それ、意味ないんじゃない?」も笑顔で「ふーん、そうだね、面白そうだね」もどちらも対応としてはありだと思うんです。
どうするか、はその人との関係や、雰囲気なんかによるんじゃないかな。

どらちゃんはそういうのも含めて色々なことを教えてくれたように思います。

ありがとう。どらちゃん、また来てね。


さて、当日のおやつをご紹介します。
記念すべき第一回目のカフェですので、ぶたやま精一杯のおもてなしをさせていただいたつもり!。(つもり)


梅酒で漬けたドライフルーツとクルミの入ったフルーツケーキ

f:id:Butayama3:20130310134827j:plain


定番、ぶたやま式ガトーショコラ

f:id:Butayama3:20130310133847j:plain


これもうちの定番、かぼちゃのプリン

f:id:Butayama3:20130310135224j:plain


リッツにお手製苺ジャムとリエットをのせたものとか・・・

f:id:Butayama3:20130310143246j:plain

 

 

差し入れのちびどらやきとかいちごとか。嬉しい!けど、皆様、どうぞお気遣いなく・・・。

f:id:Butayama3:20130310162500j:plain



テンパりすぎて色々不手際が多くて申し訳ありませんでした。
次回以降も多分やらかすと思うので、皆さん本当に暖かく見守ってください・・、。
ありがとうございました。